できれば健康に毎日を過ごしたい。それは皆さんの願いでもあるのではないでしょうか。今回は疾患の1つ「ヘルペス」について考えていきましょう。ヘルペスはどうして感染してしまうのでしょうか。その経路と同時に予防法はあるのでしょうか。口唇ヘルペス・性器ヘルペスそれぞれのケースについて触れていきましょう。

■口唇ヘルペスの感染経路とは

そもそも、ヘルペスウイルスというものは非常強いウイルスであると言われています。このことから、感染もしやすいのです。口唇ヘルペスは、「接触感染」でうつってしまうのです。特に、唇もしくはその周辺に水ぶくれが出来てしまっているなどという場合にはキスをすることで感染してしまうケースも多いのです。

口唇ヘルペス・性器ヘルペスそれぞれの感染経路を知り自分自身で感染を防ぐ

また、キスをせずとも「頬ずり」でも感染してしまうこともあります。上記のことでお分かりかと思いますが、親子やパートナー間などでも感染しやすいといえるのです。また、患部に触れた後他の人に触れることで感染する可能性も十分に考えられますので、タオルやグラスなどを介することもあるのです。

■口唇ヘルペスの感染を防ぐ

予防法としては、まずは直接患部に触れるなどという事がないようにすることです。罹患者にマスクなどを着用してもらうのも良いでしょう。また、タオル類などはよくその都度洗うこと・食器類も個別のものを使用し洗剤を使って洗うことなども大切です。

判断の材料・ヘルペス http://www.idrugmt.asia/php/search.php?word=%83w%83%8B%83y%83X&act=search

さらには、患部ばかりではなく、唾液・精液にもウイルスが含まれている可能性もありますので、こうした部分に対しても配慮をしていくと良いでしょう。

■性器ヘルペスの場合

性器ヘルペスの場合、その感染源は「性行為」ということになります。性器の皮膚や粘膜にウイルスが出ているという恐れがありますので、十分に気をつけることが必要なのです。性行為以外で、口唇ヘルペスのウイルスがオーラルセックスをしたことによって性器に感染をしたり、口唇ヘルペスの患部を手で触れた後に性器に触れるなどすることで発症することもあるのです。

さらには、タオルや西洋式便座からうつるということもあるでしょう。

■性器ヘルペスの予防について

性器ヘルペスの場合、避妊をするという事だけでは感染の可能性は防ぎきれないのです。ですから、完璧な予防方法というものが無いともいわれています。重要なのは、症状が出ているパートナーとは性行為をしないこと・患部に触れたり、万が一触れてしまった場合にはよく手を洗うこと・太くて痛いウト性行為をしないということが予防法といえるでしょう。

また、タオル類も口唇ヘルペス同様にその都度よく洗い日光で乾かすことなども大切です。西洋式便座に関しては、患部をガーゼなどで覆った状態で罹患者に使用してもらうこと・自らが使用する際にも消毒用のエタノールなどで便座を拭くことなども予防としてつながってくれます。

■感染経路と予防法について
感染経路を知ることによって、不用意な感染を防ぐことができます。具体的な予防法も同時に知ることによって、自らの罹患を防ぐばかりではなく万が一自らが罹患者になってしまったという際においても「感染を広げない」ということにつながってくれるので認識をしておくと良いでしょう。

■ヘルペスに対する知識

今回は、感染経路とその予防法について考えていきました。ヘルペスは自覚しやすい症状であるともいわれていますので、経路を知り予防法を知るばかりではなく罹患したら早い段階で病院を受診するという意識も持っておくようにしたいものです。

ヘルペスの症状は出来る場所によって違う

ヘルペスの症状は出る場所によっても違いがあります。どこにヘルペスができたのか、それによっても出方や症状の治療等も違ってきます。ここではどのような症状が現れるのか見ていきましょう。早めの治療が重要となります。

■口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスの症状は主に唇や口の周辺に水ぶくれができることが多いでしょう。最初の症状としてはかゆみや赤くなったり違和感から始まるのですが、それがだんだん水膨れになってきます。この水膨れの中の水が潰れてほかの場所に飛ぶと、その部分にまた水膨れが出来てしまい感染を繰り返すことになりますので注意が必要です。

口唇ヘルペスが出来た部分はかゆみは最初だけで、水膨れが出来ている場合には痛みも伴ってくるでしょう。人によっては口を動かすだけで痛みが現れるために、口を動かすことができず、食べるものを選ばなければ食べられないこともあります。

■性器ヘルペスの症状について

性器ヘルペスは性器にできるヘルペスです。最初のうちはかゆみが主な症状ですが、かゆみから痛みに変わり場合によっては排尿痛に変わることもあります。男性も女性も排尿困難になってしまうほど痛みが現れることもありますので、そうなる前に治療を受けなければいけません。

ヘルペスの症状は出来る場所によって違う

■帯状疱疹の症状
帯状疱疹は、最初にまとまっていくらのような小さな水ぶくれが皮膚にできたところから症状が始まります。その後、その水ぶくれは治る気配を見せず、その水膨れの部分だけでなく、背中や出来た部分の神経が全体的に痛みを伴うことになります。その痛みはピリピリとした神経痛でとても痛いことが特徴です。何をしていてもピリピリと痛みを伴います。

このような症状がヘルペスの主な症状です。

Information

運営団体名
JEUXDEBMX.INFO 運営事務局

サイト名
自分自身でヘルペスの感染を防ぐということがいかに大事かということを知ってもらうためのサイト

サイトの紹介文
ヘルペスの感染経路などの情報を集めて紹介していきたいと思いますので、ヘルペスのことが気になっているという人は是非コチラのサイトの情報をご確認ください。

サイトURL
HTTP://WWW.JEUXDEBMX.INFO/

サイトのテーマ
ヘルペス

sitemap

お問い合わせはコチラ