ヘルペスになりたくない!感染経路と予防法

hrhts
できれば健康に毎日を過ごしたい。
それは皆さんの願いでもあるのではないでしょうか。今回は疾患の1つ「ヘルペス」について考えていきましょう。
ヘルペスはどうして感染してしまうのでしょうか。その経路と同時に予防法はあるのでしょうか。
口唇ヘルペス・性器ヘルペスそれぞれのケースについて触れていきましょう。

口唇ヘルペスの感染経路とは

そもそも、ヘルペスウイルスというものは非常強いウイルスであると言われています。
このことから、感染もしやすいのです。
口唇ヘルペスは、「接触感染」でうつってしまうのです。
特に、唇もしくはその周辺に水ぶくれが出来てしまっているなどという場合にはキスをすることで感染してしまうケースも多いのです。
また、キスをせずとも「頬ずり」でも感染してしまうこともあります。
上記のことでお分かりかと思いますが、親子やパートナー間などでも感染しやすいといえるのです。
また、患部に触れた後他の人に触れることで感染する可能性も十分に考えられますので、タオルやグラスなどを介することもあるのです。

口唇ヘルペスの感染を防ぐ

予防法としては、まずは直接患部に触れるなどという事がないようにすることです。
罹患者にマスクなどを着用してもらうのも良いでしょう。
また、タオル類などはよくその都度洗うこと・食器類も個別のものを使用し洗剤を使って洗うことなども大切です。
さらには、患部ばかりではなく、唾液・精液にもウイルスが含まれている可能性もありますので、こうした部分に対しても配慮をしていくと良いでしょう。

性器ヘルペスの場合

hytjydt
性器ヘルペスの場合、その感染源は「性行為」ということになります。
性器の皮膚や粘膜にウイルスが出ているという恐れがありますので、十分に気をつけることが必要なのです。
性行為以外で、口唇ヘルペスのウイルスがオーラルセックスをしたことによって性器に感染をしたり、口唇ヘルペスの患部を手で触れた後に性器に触れるなどすることで発症することもあるのです。
さらには、タオルや西洋式便座からうつるということもあるでしょう。

性器ヘルペスの予防について

性器ヘルペスの場合、避妊をするという事だけでは感染の可能性は防ぎきれないのです。
ですから、完璧な予防方法というものが無いともいわれています。
重要なのは、症状が出ているパートナーとは性行為をしないこと・患部に触れたり、万が一触れてしまった場合にはよく手を洗うこと・太くて痛いウト性行為をしないということが予防法といえるでしょう。
また、タオル類も口唇ヘルペス同様にその都度よく洗い日光で乾かすことなども大切です。
西洋式便座に関しては、患部をガーゼなどで覆った状態で罹患者に使用してもらうこと・自らが使用する際にも消毒用のエタノールなどで便座を拭くことなども予防としてつながってくれます。

感染経路と予防法について

感染経路を知ることによって、不用意な感染を防ぐことができます。
具体的な予防法も同時に知ることによって、自らの罹患を防ぐばかりではなく万が一自らが罹患者になってしまったという際においても「感染を広げない」ということにつながってくれるので認識をしておくと良いでしょう。

ヘルペスに対する知識

今回は、感染経路とその予防法について考えていきました。
ヘルペスは自覚しやすい症状であるともいわれていますので、経路を知り予防法を知るばかりではなく罹患したら早い段階で病院を受診するという意識も持っておくようにしたいものです。

更新情報

2016/09/14
ヘルペスになりたくない!感染経路と予防法の情報を更新しました。
2016/09/14
●運営者情報ページを新規投稿しました。
2016/09/14
性器ヘルペスの診察方法とは?その料金とは?の情報を更新しました。
2016/09/14
性器ヘルペスの治療法についての情報を更新しました。
2016/09/14
口唇ヘルペスを診察・治療をしてもらいたいという場合の情報を更新しました。
△PAGE TOP