性器ヘルペスかもしれない。などと、自覚症状を感じている方もいらっしゃるかもしれません。ヘルペスの場合、早い治療が早い改善につながりますし、感染を防ぐという意味合いにおいても有効的な手段です。男女それぞれ、何科を受診しどのような検査などが行われるのでしょうか。

性器ヘルペスが疑われる場合、男性であれば「泌尿器科」・女性であれば「婦人科」が一般的でしょう。また、皮膚科などでも診察をしてくれるところも多いかと思います。総合病院や大学病院などの一部には「性病科」というものが用意されている場合もあります。

この場合には性病科でも構いません。「性器」というところが恥ずかしいという方も多いようですが、そのような方においては男性専用・女性専用クリニックというものがあるかと思いますので、そうしたところを受診されると良いでしょう。検査ですが、視診と検査になります。

局所部分の水ぶくれなどからウイルスそのものを採取しヘルペスであるかを検査するかと思います。この際、初感染なのかそうでないのかを診断することも多く、採血を行うこともあるでしょう。原則としては保険が適用されるケースが大半ですがそれに限りません。

病院の治療法品・内容によって変わってくるでしょう。自己負担だという場合、診察代金平均が3000~5000円・検査が2000円~10000円・薬代金が3000円~を目安としていただくと良いでしょう。病気そのものは1ヶ月もかからずに良い状態へと改善することが出来ますから、重症化するまえにぜひとも病院を診察するよう心がけてください。

早期治療が感染も防いでくれるのです。