唇やその周辺が腫れている・チクチクする・水ぶくれが出来ているなどという場合、それはもしかしたら「口唇ヘルペス」かもしれません。医療機関に受信していただくことが改善への近道でもあるのです。ではここで、改めてどのような診療科目を受診すべきなのか・診察基準はどこにあるのかなどについて考えていきましょう。

受診科目についてですが「皮膚科」が一般的でしょう。もしくは、「内科」などでも診察を受け付けていることも多いかと思います。病院を受診し、医師に症状を伝える問診や患部を見る視診で口唇ヘルペスか否かを診断します。特別な検査を行うケースは少ないようですが、ケースによっては初感染かそうでないかを診断するために血液検査をすることもあるでしょう。

この血液検査ですが、ウイルスの抗体を調べるることが目的となっています。治療方法に関しては、ウイルスの増殖を抑える「抗ヘルペスウイルス薬」を処方され服用するという投薬量穂へ宇賀主となるでしょう。細菌感染の恐れがあるという際には抗生物質を・痛みが伴っている場合は鎮痛剤などを同時に処方されることもあるかと思います。

個々の症状によって薬の種類や方法というものが変わってくるでしょう。もし、不安感があるという方はお薬や治療法について医師に相談をしたり質問をすることをおすすめしたいと思います。話をしたり飲食を行ったりと日常的に動かすことがおおい唇とその周辺。

だからこそ支障を感じることも多いヘルペス症状。早く改善させるためにも、早い段階で病院を受診し治療を取り入れていくようにしていただきたいと思います。