ヘルペスという症状・疾病をご存知でしょうか。これは、ウイルス性の疾患であり、その種類も実はさまざまあるのです。人に感染するヘルペスウイルスは8種類ともいわれています。今回はそんなウイルスについて見ていきましょう。まずは「単純性ウイルス1型」です。

これは口唇ヘルペスなどが該当します。「単純ヘルペスウイルス2型」は、性器ヘルペスなどが該当します。「水痘・帯状疱疹ウイルス」は、水疱瘡や帯状疱疹が該当します。「EBウイルス」は、伝染性単核症が該当します。「サイトメガロウイルス」は肺炎や網膜炎が該当します。

「ヒトヘルペスウイルス6」は突発性発疹・脳炎などが該当します。「ヒトヘルペスウイルス7」は突発性発疹が該当します。「ヒトヘルペスウイルス8」はカボジ肉腫が該当します。上記8種類あるヘルペスウイルスですが、代表的なものはやはり単純ヘルペスウイルスと水痘・帯状疱疹ウイルスといわれています。

日本人に照準を絞ると、単純ヘルペスウイルス1型は50070%・2型は5010%の方が感染しているといわれているのです。特徴としては、どちらも再発を繰り返してしまいやすい点が考えられます。水痘・帯状疱疹ウイルスに含まれている水疱瘡や帯状疱疹は誰でもかかる可能性がある病気ともいわれていますが、一度罹患をすると抗体を持つために2度とかからないともいわれていますが、これに限りません。

生活の中であまり認識をすることが少ないヘルペスウイルスについて。こうした知識を持つことは、自らがまたは家族などが罹患してしまったときの対処や罹患を防ぐという予防としても有効的といえるでしょう。