口唇ヘルペスの治療は「投薬療法」がメインとなります。このお薬ですが、発症の段階や症状もしくは個々の体質などによって最も適切なものを取り入れることになります。今回は、そんな治療薬という部分について見ていきましょう。軟膏やクリームがコレにあたります。

比較的に症状が軽いという場合や再発が頻繁で無いという場合に有効的だといわれています。現状に見えている皮膚症状が広がらないようにするという意味合いで使われることも多いでしょう。錠剤もしくは顆粒の内服薬です。皮膚の症状はもちろんですが、神経細胞にいウイルスそのものの増殖を抑える効果が期待できます。

前駆症状が出た段階で服用することによって、回復もしやすいといわれており、皮膚から神経細胞に戻るウイルスを減らすことが出来ますので、再発のリスクを減らすこともできるのです。点滴や注射を使用するという事は、一般的な投薬治療としては稀なケースかとも思います。

使用ケースとしては、初感染で重症化しているという場合・免疫不全などの基礎疾患を持っているという場合・アトピーせー皮膚炎でカポジ水痘様発疹症を合併しているなどという場合に使われることもあるでしょう。高熱などを発症していてそれが長期間続いているなどという場合には、入院治療をしこれらを受けることも考えられます。

今回は治療薬について見ていきました。さまざまな治療薬が存在しているのがお分かりいただけたかと思います。お薬そのものにたいする疑問があるという場合には、医師に質問をしてみると良いでしょう。なお、症状の程度によって使用する薬の量・服用回数・日数などは変化するものとなっています。